商品無料仕入れ戦隊『電脳卸』 [stmx] - ソーシャルマーケットプレイス サークルネット

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんなこと考えたたんだー。

たいたいは、同じ学年の、幼なじみからのお下がりを、

喜んで着てくれます。

その子のお母さんが、

「小さくなった服があるんだけど、同じ学校だから、お下がりだって分かるから、イヤかなーと思って」

と気づかってくれたので、

たいたいに聞いてみたら、

「着る着るー」と言ったので、

4年生になっても、もらっています。

母ちゃんは、大助かり。

それに、母ちゃんが買った服って、どうしてもワンパターンになってしまうので、

おお!こういう服も似合うのねーって、発見になります。

学校では、

「たいたい、それって、おれが着てた服?」

「そう。たいたいも似合うしょ?」

「うん。似合う!」

という会話をするそうです。

なんて、微笑ましい。

他のお友達に聞かれた時も、

「そうだよ?似合うしょー!」と、堂々と言うので、

「そうだね」としか、言わないそうです。

さて、今朝、

たいたいに、この前、お下がりにいただいた、

ジャージの上みたいなのに、裏地がついたジャンパーを出すと、

「う~ん。それ~?」

珍しく、いい返事をしませんでした。

(おや?もしかして、急に、同じ学校の子から貰ったお下がりがイヤになったのかな?)

(でも、服は、喜んで着てるなぁ。)

母ちゃん、ちょっと、ひらめきました。

黒いのもあるよ?

「黒いの着る!」

(やっぱり、色だったか。)

(濃い、緑色は、着たことがなかったから、抵抗があったのかな?)

「なんかさ、草色、とか、黄緑色とかならいいんだけど、←この色は・・・」

深い緑色でいいけどねぇ。

「だって、ドラゴンボールで、ピッコロとかの、ナメック星人っているしょ?」

うん。いるいる。

「その血がね。こういう緑色でね、怖かったの」

はぁ。そういうもんなんだー。

「なんか、その緑は、イヤなことが起きそうな予感」

そりゃ、イヤだよね。

母ちゃんの謎が解けました。

theme : 日記
genre : 日記

comment

Secret

No title

血が緑色で怖かった・・・って可愛いなぁ、たいたい君(*´ェ`*)ポッww
我が家もぷぅたのお下がりを旦那さんの親戚からわけて
もらったけど・・・
掃除しない家庭からのお下がりだったからホコリだらけで
怪獣と私が喘息になりました><
ちなみに大半の洋服は襟などが伸びきってて処分(__;)
お下がりも貰う相手によっては善し悪しだな~と思って
しまいました(;^_^A

No title

まいど^^)

子供の一喜一憂には、必ず理由があるもんやねん

お母ちゃん、ええ勉強になったな^^

それにしても、たいたい偉いで~!!

子供の鑑やで~ (゚∀゚)アヒャヒャ

応援四つ


ほな また〆

No title

うちも前はお下がりよくもらってたよ。
上二人着ると三男まで回らないのも(服がもたない)けっこうあるから助かる。今は野球関係(練習着)はよくもらう。
子供って意外と抵抗ないよね。

そっか、色の印象とかあるかもね。
ナメック星人の血の色じゃいやかも。

No title

お下がりを喜んで着るたいたいくんはエライ!!

うちの息子はジャージが嫌いなの。ジャージの上はいいけど、下のズボンがどうにもイヤみたいで。

冬とか、体操ズボン(半ズボンしかない)の上に履いていくように言うと、「寒くても履きたくない!!」と言います(涙)
ジャージって楽チンだから、いいのにね~。
ちなみにジーパンが大好き。青のジーパンはいいけど、ヒッコリーはイヤみたい。このこだわりは、私にはわかんないけど、息子的には見た目で決めてるんですよね。
プロフィール

ドントコイ

Author:ドントコイ
たいたいファンのブログへようこそ!

お知らせ
コメントありがとうございます。 お返事はおじゃまして 書き込みさせて頂いてます。
ブログランキング
ポッチットクリックしてね

FC2Blog Ranking ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 子育てブログへ にほんブログ村 子育てブログ 男の子育児へ

リンク
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
いらっしゃいませ
いらっしゃいませ
アフィリエイトならリンクシェア ポイント ちょびリッチ
広告
DPアフィリエイトで高額収入
検索フォーム
FC2アフィリエイト
無料登録で報酬ゲット!
FC2クチコミ広告 アフィリエイト・SEO対策
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。